uc タクシーチケット

UCタクシーチケットの形式と注意点

タクシーチケットはタクシーの支払いの際に
日付・料金・利用区間・利用者名(または企業名)を書いて運転手に渡すことによって、
現金を使うことなく後日後払いで支払いができるチケットです。

 

 

このタクシーチケットはクレジット会社やタクシー会社、その他の大手業者や団体などが発行しています。

 

 

ucの発行するタクシーチケットは名刺サイズで持ち運びしやすく、
一冊20枚綴り、一回の申し込みにつき二冊まで、発行手数料315円で手に入ります。

 

 

UCゴールドカード会員の場合は発行手数料無料です。

 

 

ucカード会員であればフリーダイヤルと簡易書留で簡単に入手できます。
手元に伝票が残る複写式と、残らない単票式とがあり、複写式は申し込み時に申し出る必要があります。

 

 

チケット1枚で10,000円未満、一回のタクシー乗車で3枚まで利用できるので、29,997円までの支払いが可能です。
ほとんどの場合は事足りるでしょう。利用後の料金請求はucカードと同じ形式で行われるので、個人でも気軽・安心して利用できるのが強みですね。

 

 

注意点としては他の会社のチケットにも言えることですが、
有効期限があること、チケットを第三者に譲渡する場合は予め署名をしておく必要があること、
そして利用可能なタクシーであるかどうかを確認する必要があることです。

 

 

利用可能かどうかはタクシーに貼られたステッカーや、運転手に直接たずねるなど乗車前に必ず確認しておきましょう。