タクシーチケット 書き方

結婚式・披露宴でのタクシーチケットの書き方

結婚式や披露宴に参列してくださる人達が、少しでも気兼ねなく会場まで足を運んだり帰宅したりできるようにと、お車代としてタクシーチケットを渡すことは多々あります。

 

しかし、チケットには様々なタイプがありますので、自分達に合った書き方をしているものを選ぶと良いのではないでしょうか。

 

 

まず、タクシーチケットは制限があるものを選ぶことです。

 

制限というのは、日付が決まっているものや限度額が決められているもの、あるいは、その両方を満たしているものなどがあります。

 

新郎新婦が用意する費用面のことも考えれば、こういうチケットを選ぶのがよいですね。

 

たとえば、限度額は5000円という書き方をしたチケットであれば、最大5000円までの乗車料金分しか払えないチケットということになります。

 

また、結婚式や披露宴に参列した人に配布するのであれば、チケットを利用するのは当日限りということでその日付を入れた書き方をすればよいのです。
その日以外は無効になりますね。

 

 

結婚式・披露宴への参列者は引き出物などの荷物をかかえることになります。

 

しかし、タクシーチケットがあれば、そのような荷物の大きさや重さに煩わさせる必要もなく、安心して帰宅することが可能です。