タクシー マナー 2人

2人でタクシーに乗る場合のマナーについて

ビジネスシーンのおいての、タクシー乗車マナーに自信はありますか?
食事の席など、机と椅子が並ぶ部屋では、どこが上座かといったことは、直感的に分かりやすいと思います。

 

 

もっとも扉から遠い席に、目上の方から順に座ってもらうようにすれば、おおむね問題はないでしょう。

 

 

では、あらゆる方向が扉に囲まれている密室、タクシーの場合はどうでしょうか?
例えば、あなたとお客様の2人がタクシーに同乗するとします。

 

 

@自分が先に後部座席に乗り、お客様は後から後部座席に
Aお客様が先に後部座席に乗り、自分は後から後部座席に
B自分は助手席に乗り、お客様は後部座席に
Cお客様は助手席に、自分は後部座席に
さて、これらの4つのパターンのうち、いずれが2人でタクシーに乗る場合のもっとも正しいマナーでしょうか?
正解は、「Aお客様が先に後部座席に乗り、自分は後から後部座席に」です。

 

 

机と椅子がある部屋に座る場合の、扉から遠いという原則はそのままに、お客様はもっとも扉から遠くなるよう、先に後部座席にお通しします。

 

 

その後、自分が後から後部座席に乗り込みます。

 

 

決して広くはないタクシー車内の中では、お客様に負担をかける可能性が高い場合に限り、臨機応変に対応する必要がありますが、基本的な考え方は、扉から遠い位置に先にお通しします。

 

 

但し、お客様から先に乗るようすすめられた場合は、遠慮せずに先に乗りましょう。

 

 

路上であることから、スムーズさが求められます。

 

 

3人以上で乗る場合には、助手席を使いますが、2人で乗る場合には通常助手席は使いません。

 

 

自分は助手席に乗り、お客様を後部座席にお通しすることは、一見敬意を最大限に表しているように見えますが、外から車内を見たときの違和感もあり、マナーとしては望ましくありません。

 

 

またお客様を最大限におもてなしするためにも、隣に座る必要があります。

 

 

タクシーに乗る場合のマナーもしっかり身に付けて、目上の方をスムーズにエスコートできるようにしましょう。