タクシー マナー 座席

タクシーの座席に関するマナー

タクシーの座席には上座と下座があるのでビジネスなどで利用する際にはマナーに注意が必要です。

 

 

タクシー車内での上座は「運転手の後ろ」になります。

 

 

その次が「助手席の後ろ」、「後部座席の中央」で、一番下座にあたるのが「助手席」です。

 

 

乗る際には上司などに対して部下が上座の席をすすめますが、運転手の後ろよりも乗り降りがしやすい助手席の後ろ側を好む方もいますので、臨機応変に好みに応じて従いましょう。

 

 

一般的には運転席の後ろが上座とする意見が多いですが、「利便性」と「乗降時の安全性」を考えると助手席の後ろが上座とする意見もあります。

 

 

運転席の後ろに座ると乗り降りの際に、手で開けないとドアが開かなかったり、歩道側のドアから降りるには車内を移動する必要があったり、車道側のドアから降りると、歩道まで回らないといけないなどの不便さが目立つことになります。

 

 

車道側に乗り降りすると車道では別の車が走行しており危険な場合があります。

 

 

このように、形式上からすると不便なこともあるので、利便性や安全性を配慮して座席順を決めるのが賢明です。

 

 

また、自分の会社の社長と一緒であっても、会社のお客様と同乗する場合は、社長よりもお客様が上座に座ることになります。

 

 

2名で乗り込む場合は、お客様を先に乗せます。

 

 

3名の場合は、お客様を後ろに乗せて、自分は助手席に座るようにします。

 

 

お客様から上座を勧められた場合には素直に謝意を述べて座ります。

 

 

遠慮すると反って失礼にあたるので控えます。

 

 

上司と二人で乗る時は、会話できる関係であれば助手席の後ろに座り、自分とかけ離れた存在であれば助手席に座るようにします。

 

 

また、乗り込む際にはドアは自動で開きますが、部下がドアに手を添えてエスコートした方がよりマナーに適っています。

 

 

助手席に座った場合は、座った人が原則的に道案内をする役目となります。

 

 

運転手さんに道案内や目的地までのルートを説明します。

 

 

会社の飲み会などでタクシーを利用した際には、タクシーの会社名や車両ナンバーを控えておきましょう。

 

 

1飲酒をした後は、特に忘れ物などが多発しますので、ナンバーなどを控えておくと探しやすくなります。