タクシーチケット 使い方

初めてだと戸惑う貰ったタクシーチケットの使い方

仕事のお付き合いなどで、接待を受けたりして、
帰り際に相手の企業の人からタクシーチケットをもらったことのある方もいらっしゃると思いますが、
誰でも初めての経験だと、その使い方に戸惑いますよね。

 

 

タクシーチケットのシステムは、その企業がタクシー組合や超大手のタクシー会社と契約して、毎月の使った分だけ、月毎に後払いするシステムです。

 

 

チケットを発行したタクシー会社のタクシーまたは、組合加盟のタクシーに限り乗車できます。
使い方は、チケットに乗車日付、アバウトな乗車区間、例えば何々駅から何々県何々市何町といった記載をし、
降車時にタクシーメーターの示す料金と、乗車した自分の使命を記載して、タクシー運転手に手渡します。

 

 

無論、チップを払いたい方は別よしても、現金等を支払う必要はありません。

 

 

タクシー会社側では、かならず契約している企業に対して一両日中にはタクシーチケットの利用とチケットに記載している内容を照会しますので、転売することはできません。

 

 

また、その契約内容によって、配布するチケットに一回当たりの限度額を設けることができます。
例えば限度額が5000円だったら、それ以上の距離区間で利用したら差額を支払わなければなりません。
限度額はチケットにあらかじめ記載されています。