タクシーチケット 仕組み

タクシーチケットの仕組みと利用方法

タクシーチケットとは、タクシーの利用料金を支払う際に、
現金を使用せずに精算できる小切手の様なものです。

 

 

清算時にチケットに金額や日付、乗車区間、氏名を記入して運転手に渡すと、
後日契約者に請求が届き、指定された口座から料金を引き落されるか、または指定口座に振り込む仕組みとなっています。

 

 

タクシー会社が自社でのみ利用可能として発行するものや、カード会社が発行するものがあります。

 

 

カード会社が発行するチケットは共通性があり、複数のタクシー会社で利用する事が出来ます。
タクシーの使用頻度の高い企業では社員にタクシーチケットを持たせるケースも多くなっています。

 

 

 

現金の持ち合わせがなくてもタクシーの利用が出来て清算がスムーズ、
請求も一括で行えるなどメリットが多く、利用機会は増加しています。

 

 

思わぬ深夜残業や取引先の接待などの場面でも、チケットを持っていれば交通の心配はありません。

 

 

注意点としては、たとえ共通チケットとはいえ、ごく稀に使用できないタクシー会社が存在する事でしょう。
したがって乗車前に使用出来るかどうかの確認が必要になります。
今やビジネスマンの必須アイテムとなっているタクシーチケット。
いざという時の為に、持っていても損はないでしょう。